不衛生なウォーターサーバーとは?


ウォーターサーバーの水は水道水よりも安全性が高くおすすめだ、と誰もが信じていますがそれは間違いです。塩素で殺菌して高い衛生基準を持つ水道水の方がよっぽど清潔なのです。水道水よりもかなり基準を下回る不衛生なウォーターサーバーというのも巷に多く存在します。決して安心せず、できるかぎり衛生面に気を使ったウォーターサーバーを選び出すと共に日々のお手入れを心がけるようにしましょう。

純粋な水というのは腐ることはありません。空気中の微生物やタンパク質などが溶け込んで、それが原因となって腐敗臭を発生させるのです。無菌状態の工場で作られた水自体は衛生面に気を使われておりある程度の期間、保管しておくことができるのですが、ウォーターサーバーでのボトル交換の際に空気と一緒に菌は入り込みがちです。できるだけ空気が入らないような構造のサーバーを選ぶようにしましょう。自分で掃除することが難しいサーバー内は自動できれいにしてくれるような機能がついてあるものの方がおすすめです。

手で触れるし、常に空気に触れている水の排水口は特に菌が繁殖しやすいポイントです。この部分は自身でいつもお手入れしてやるようにしましょう。お掃除したことがないというウォーターサーバーは、どんなに水や内部の清掃にこだわっていても出てくるときにたくさんの菌を連れて出てきてしまいます。ウォーターサーバーの水はきれいだからと決して油断せず、注意しましょう。
人気のウォーターサーバーランキング!安い活用術まとめプレミアムはこちら