ファクタリングサービスの仕組みについて


ファクタリングサービスは、売掛金を現金化することが出来るという仕組みを持っているサービスの一種です。これは融資ではなく買取や譲渡に近いものであり、売掛金を権利を手放す代わりにすぐに現金を得ることが出来るのが大きな魅力になっています。この仕組みで資金を調達してビジネスを維持することができる為、経営者にとっては重要な奥の手となります。特に経営規模が小さいうちは事業が好調になりすぎることによる資金不足も発生する可能性がありますので注意しておかなければなりません。
そのファクタリングサービスの素晴らしいところは、現金化に時間のかかる売掛金をすぐに現金化してもらえる点にあります。リスクを取って現金化をする以上、ファクタリングサービスの利用にはある程度の手数料の支払いが必要になります。その手数料率はファクタリング業者と売掛金の相手の信用など様々な条件によって左右されますので一概には言えませんが、おおむね5~30%くらいが相場となっています。
この様にファクタリングサービスは売掛金をすぐに現金化することが出来る一方で、かなりの手数料の支払いが必要になります。そのため経営者にとってはできることであれば利用せずに済ませたいサービスであると言えます。しかしながらつなぎ融資の申し出を銀行などの金融機関に断られた場合などにおいては、すぐに現金を調達するための手段として知っておいて損のないものであると言えます。