お金を借りるときに保証人は必要ですか?


お金借りるという場合、一般的には銀行や消費者金融、その他労働金庫、信用金庫、信用組合などといったところからが考えられます。いずれの機関からお金を借りる場合もそうですが、通常は本人に加えて保証人を立てることを要求されるはずです。
この場合の保証人は、法的には連帯保証人とよばれるものであって、本人がなんらかの事情によって、借金の返済ができなくなってしまったときに、本人に代わって、その債務を弁済する義務を負う人ということになります。要するに、保証人はみずからお金を借りるわけでもないのに、他人の借金を強制的に肩代わりさせられてしまう可能性があるわけです。こうしたことから、なるべくお金を借りる際には、保証人がいらないという条件を満たすものを申し込んだほうがよいということになります。
実際に保証人不要の案件があるのかどうかですが、一般的なカードローンやキャッシングの場合であれば、ある一定の金額を超えない限りは、保証人不要にしていることが多いものです。住宅ローンのように、一度に大金が必要になるといった特殊な場合を除いては、こうしたカードローンでお金を借りるのが、もっとも手間がかからず、他人にもめいわくをかけない方法であるともいえるかもしれません。この場合、実際には保証会社とよばれる銀行などとは別の会社が保証債務を引き受けていますので、本人にもしものことがあった場合には、この保証会社が借金返済を行うことになります。